あぴケア新潟とは

あぴケア新潟の理念

令和5年1月

発起人:斎藤愛、阿部友美

はじめに

「あぴケア新潟」は、がん患者や脱毛症に悩む方々に対し、外見ケアを通じて安心と自信を提供し、より良い生活をサポートすることを使命としています。私たちは、患者の外見の変化に寄り添い、その苦痛を軽減するために、美容のプロフェッショナルとしての技術と知識を提供します。

背景と必要性

近年、がんの罹患率は増加傾向にあり、治療技術の進歩により生存率も向上しています。しかし、治療過程で経験する外見の変化は患者にとって大きなストレスとなります。特に抗がん剤治療や放射線治療に伴う脱毛は、ホルモン療法による薄毛、患者の精神的苦痛を増幅させ、生活の質を低下させる一因となります。

ビジョン

私たちは、がん患者や脱毛症に悩む方々が自信を持って社会生活を送ることができる社会の実現を目指しています。見た目の変化に対する適切なケア情報を美容関連施設や技術者に提供し、がんサバイバーの方々に外見だけでなく心のサポートも行うことで、患者の生活の質を向上させます。

ミッション

発起人の想い

「あぴケア新潟」は、斎藤と阿部の経験を基に設立されました。斎藤自身、がん発症した経験、阿部もまた癌サバイバーとしての経験を持っています。彼らは、自身の経験を通じて、多くの人々に希望と勇気を伝えることを強く願っています。彼らの経験と知識を基に、多くの患者さんが外見の変化に対する不安やストレスを乗り越え、自信を持って生活できるよう皆さんと共に学び成長していきたいと願っています。

価値観

•   共感: 患者の立場に立ち、心からの共感を持って寄り添い、話を聞くこと接することを大切にします。

•   専門性: 美容のプロフェッショナルとして、最適なケア技術と知識を共有します。

•   協力: 地域社会や関連団体との協力を重視し、総合的な支援体制を構築します。

•   成長: 組織として常に成長を続け、新たな課題に対して柔軟に対応します。

最後に

「あぴケア新潟」は、外見ケアを通じて患者の生活の質を向上させるだけでなく、社会全体で支える温かいコミュニティの形成を目指します。斎藤と阿部の経験を共有することで、すべての患者が安心して治療を受け、自信を持って生活できる未来を実現するために、私たちは尽力してまいります。